アース棒効いてる?日置IR4082-11測定

エアコン取替えをしていると、アース棒が地面にささっていて
室外機に接続されている光景を目にすることがありますが、
テスターで非接地側とこのアース棒の線の間をあたると、
100V出ています。しかし、今回、日置のIR4082-11
接地抵抗計+絶縁抵抗計」がひとつになった
アナログメグオームハイテスタにて、測定してみると、

まったく針が動きません。なにかやり方が悪いのかなと
思いましたが、やっぱり針が動きません。
つまり、まったく無意味なアース棒ってことでした。

アース棒50cmほどあり、全部、埋っていませんでした。
一回、抜いて、別の場所に、打ち込みなおし、
それで測定すると、やっと、400Ωをさしました。

家周辺に、数十センチのアース棒さしても、100Ω以下は無理みたいですね。
漏電遮断機がついていれば、500Ω以下でOKとの規定ではあります。

アース棒を地面に打ち込む、簡単そうで奥が深い作業ですね。
接地(アース)工事も、電気工事士の資格がないとできない工事です。

アースがなくても、製品は動きますので、重要視されていない方も多いと
思いますが、一般のお客さんにはわからない世界のアース工事をしっかり
やってこそプロだと肝に銘じ、明日へと向かうのでした。


電気空調職人のヨシジマ電器

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です